×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グランモアだけではない!

リバウンドとダイエット停滞期 ダイエット停滞期のメカニズムを理解をすることも、リバウンドを防止する為には不可欠です。グランモアが、ありえない事になっています。最もリバウンドしやすいのは、ダイエットの停滞期にダイエットを中止することだからです。ピタリと体重が減らなくなるダイエットの停滞期は、体重が徐々に減り始め、ようやく波に乗ってきたという頃にやってきます。この時期は精神的にも辛いでしょう。誰にでも停滞期はダイエットのメカニズム的にはあることで、大きくリバウンドと関係しています。いわば人間の体が危機管理体制にある状態が、停滞期のメカニズムというものです。食事制限などで体重が減少すると、人の身体はそれを危機的状況と捉え、少ない食事量に適応して生きていこうとします。

ミュゼ Iラインを、試した方の声。

生命活動が摂取カロリーが少なくてもカロリー内で営めるように、体が消費するカロリー量を新陳代謝を少なくすることで減らすといいます。運動量を増やしても、せっせと食事量を減らしても、余計なエネルギーを使うまいとするのが体です。リバウンドの背景であり、停滞期のメカニズムなのです。永久に続くものではないのが停滞期というものです。1カ月もすると体は危機管理体制を解除し、また体重が減少する期間に入るというメカニズムがあります。リバウンドのリスクばかり目につきがちですが、メカニズムから見方を変えれば、停滞期とはダイエットが順調に進んでいる証明なのです。 ミュゼ Iラインは素晴らしいですね。